So-net無料ブログ作成

ながぐつの2010年女子プロゴルファー各賞を発表! [その他]

忙しくてバタバタしていて更新ができずすみません。大掃除に全く手が着かないまま、静岡県三島市の実家に帰ってきました。

結局データが十分整理できないまま、2010年、とうとう最後の日となってしまいました。ながぐつのブログの特徴であるデータは年明けにして、例によって、ながぐつの2010年女子プロゴルファー各賞を発表します。今年もながぐつの個人的な好みで選んだものです。ご了承ください。

大賞 馬場ゆかり

なぜに1勝もしていないゆかりちゃんが、大賞なのか? 韓国勢が強かった今年、2位4回、3位4回と優勝争いを何度も演じてツアーを盛り上げた功績はとても大きいと思います。これだけ2位3位ばかりで内心はとても悔しかったろうと思います。試合が終わると必ず福岡の八女の実家に帰っていたのが良いリズムを作っていましたね。サロンパスの時、あの三塚選手が棄権した初日に一緒に回っていたのがゆかりちゃんでした。ブログで優子りんのことをかばっていたのに人柄が表れていましたね。来年はきっと勝つことができるでしょう。

優秀選手賞 朴仁妃、宮里美香

アンソンジュさんではなく、朴仁妃さんを優秀選手に持って来ました。日本で14試合して2勝、2位6回です! 平均ストローク70.66は、さくらちゃんやアンさんを上回っています。フル参戦なら間違いなく賞金女王です。素晴らしいと思います。

そしてもう一人は美香ちゃんです。日本女子オープンという大舞台で涙のツアー初優勝。アメリカツアーでもそこそこの成績を残しました。

この2人に共通することは、アメリカツアーを主戦場にしていたと言うことです。時差ボケだけでもハンデがあるにも関わらず優勝してしまうのだから、凄いと思います。

大ブレーク賞 宮里藍

やっぱり藍ちゃんをあげないわけにはいかないでしょう。開幕2連勝を含む今年5勝をあげて押しも押されぬ世界を代表するプレーヤーになりました。オチョアの引退試合に恩返しに優勝してしまうのは実力とともにやはり「何か持っている」と思います。

フレンドリー賞 有村智恵、佐伯三貴

三貴ちゃんは、去年もながぐつはフレンドリー賞に選びましたので2年連続です。智恵ちゃんは大ブレーク賞から横滑りです。二人とも相変わらず先輩後輩誰からも愛されています。ブログもとてもお茶目でファンが多いです。智恵ちゃんが賞金ランク6位、三貴ちゃんが8位、とも1勝ずつと、仲良しだけではなく勝負師としての顔もあります。

外国人敢闘賞 全美貞 アンソンジュ 金ナリ

ミジョンさんは昨年に続いての受賞です。今年は前半やや不調でしたが、中盤以降から本来の調子を取り戻し、賞金ランク3位に入りました。アンソンジュさんは初戦で優勝して賞金女王です。誰が彼女の賞金女王を予想したでしょうか。2年目は厳しいと思いますがジンクスを吹き飛ばして欲しいです。あと、何回か優勝争いに絡んで賞金ランク11位に入った金ナリさんをあげたいと思います。

去年この賞を受賞した朴喜暎(パクヒヨン)ちゃんはQTをトップ通過し来年日本ツアーに参戦すると思います。台風の目になるのではないでしょうか。

頑張って欲しいで賞 上田桃子 三塚優子 川原由維 竹村真琴

桃ちゃんは今年は試練の1年になりました。桃ちゃんは賞金ランク39位で最終戦のリコーカップに出られませんでした。キャディーは去年のテリー・マクナマラ氏からノリさんに換え、江連さんのもとを離れてアメリカのコーチにつくなど、環境を変えていましたが、足などの故障もあり、結果が出ませんでした。桃ちゃんのママささんは桃ちゃんに今年は勝たなくて良いと言っている。水面に大きくジャンプするときは1回沈んでからなのだからと言っていました。藍ちゃんも桃ちゃんが賞金女王になった年は大スランプでした。その3年後の今年は大ブレークしているのだから、焦らずに頑張って欲しいと思います。

そして優子りんです。例の棄権事件の後、3ヶ月謹慎し、復帰した後は本来の調子が戻らず、賞金ランクは50位と去年の5位からシード権ぎりぎりのところに落ちました。今年はいろいろな意味で勉強になったと思います。来年は巻き返してくれると思います。それから、川原由維ちゃんです。今年も賞金ランク42位と40位台、何とかシード権は確保したものの半分は予選落ちでした。もう31歳になりますが、かわいらしさ、人なつっこさは健在。父の徹夫氏の精神的サポートも健在でした。優子りんも由維ちゃんも茨城県人です。頑張って欲しいです。

最後にもう一人、今年期待された新人、竹村真琴ちゃんです。予選をなかなか通ることができず、賞金ランク90位に沈み、そこそこの結果を残した藤本麻子ちゃんとは明暗を分けました。3姉妹の2番目、来年は出られる試合数が限られると思いますが、頑張って欲しいです。

そして昨年この賞を受賞した笠りつ子ちゃん、見事に初シード獲得です! そしてキンクミこと金田久美子ちゃんはQTで24位に入って来年度のツアーフル出場権を獲得しました。江里菜ちゃんはツアーでは不調のままでしたが、QTでは地力を発揮し、上位に入りました。故障上がりの志保さんもQTを5位で通過したのは立派でした。

以上、ながぐつの独断と偏見で選んだ、2010年女子プロゴルファー各賞でした。え、今年もさくらちゃんが入っていないって? 今年も部門別成績では、さくらちゃんがトップに近い成績で、賞金もたんまりもらっていますから、ながぐつに選ばれなくても痛くもかゆくもないでしょう。さくらちゃんファンの皆様、申し訳ありません。

というわけで、これで今年のながぐつのブログは打ち止めです。皆様、良いお年をお迎えください。

ブログランキングに参加しています。よろしければ下のボタンをクリックしてください。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女子プロ・プロツアーへ


すみません、業務多忙につき、明日更新します。 [その他]

普通の会社は昨日が御用納めだというので、今日も明日も仕事にでかければなりません。

年末の大掃除の時間が取れないほど忙しいというのは、人生で初めてです。

というわけで、今年の女子プロゴルフ界をデータで振り返る記事、明日書きたいと思います。


桃ちゃんを知ってると得な授業 [桃ちゃん]

すみません、出張から昨日帰ってきました。更新できずにすみません。

やはりこのブログはさまざまなデータを提供することを目標にしていますが、今はその余裕がないので、今日あったことをひとつ。

今日はうちの大学は休みではなく、1限から「環境マネジメントシステム論」という授業でした。今日はテストだったのですが、1限と言うことであまりにも遅刻者が多いので、9時に来ている人にだけテストのヒント(というかほとんど答え)を教えると告知しました。

そのヒントのファイル名が「桃ちゃん」、パスワードを「momoko」にしてやりました。最初に桃ちゃんの写真を出して「これだ~れ」といって、近くにいた学生に聞いたら「さくら!」だって。あちゃ~。

テスト問題と共に、感想を書かせたら、ある学生「授業の内容はよくわかりました。それ以上に、桃子さんが好きだってことがよ~くわかりました」。他の学生「上田桃子を出すのは良くないと思います。授業を私物化しないでください」だって。 まあいいじゃん、堅苦しい雰囲気を和らげるためにやっているのだから(*^_^*)

あ、写真は源さんか、キャロさんか、どっちかが撮ってきたプライベート写真を使用させていただきました。

EMS論授業.JPG

次は真面目な記事を書きます(^_^;)


2010平均ストローク順位変動 [ツアー記録]

最近忙しくて更新ができずに申し訳ありません。

さて、今回は2010年日本ツアーの平均ストロークの順位の推移をお送りします。ながぐつの集計は、LPGAのホームページに掲載されているものとは違い、ながぐつ独自の集計です。LPGAのホームページでは規程のラウンド以上のものが対象となっていますが、ながぐつの集計では、賞金ランク100位以内の選手であれば、出場試合数が少なくても対象となっています。したがって米ツアーが主戦の藍ちゃんとか申ジエさんとかも入っているのです。

では2009年と7月までの推移をご覧ください。

2010平均ストローク推移最終1.JPG

朴仁妃さん、申ジエさん、アンソンジュさんが3強で、その一角にさくらちゃんが入ってきています。藍ちゃん、不動さんもTOP10以内と安定しています。桃ちゃんは春先8位だったのが18位に急降下です。以下は後半戦です。

2010平均ストローク推移最終2.JPG

さくらちゃんが4位に落ち、結局、申ジエさん、アンソンジュさん、朴仁妃さんの韓国勢がTOP3を占めました。もしジエさんが日本ツアーにフル参戦していたら、間違いなく、賞金女王だったろうし、朴仁妃さんもフル参戦していれば、34戦のうち20勝を韓国勢があげていたかもしれません。さくらちゃんはやはり賞金女王は数字的に難しかったですね。ミジョンさんが後半調子を上げて5位、智恵ちゃん、ゆかりちゃんが安定した成績を残しました。

注目すべきは伊藤園で念願の2勝目を挙げた三貴ちゃんです。27位→22位→18位→14位→10位と最終的にTOP10に入りました。逆に1勝もできなかったしのぶちゃんは、10位→8位→10位→11位→13位と精彩を欠きました。また、桃ちゃんに至っては、8位→18位→26位→21位→28位とこの表からは消えてしまうほど、不調だったことがわかります。

志保さんは怪我から復帰し終盤の数試合で12位は立派です。ながぐつの注目若手では、キンクミこと金田久美子ちゃんが8試合の出場で36位と頑張っていたので、QTに通って当然ですね。初シードの笠りつ子ちゃん、39位です。

逆に優勝はしたけれど、その1回だけだったという選手ですが、ウェイ ユンジェ選手が50位、鬼澤信子さんが66位、甲田良美さんにいたっては83位です。やはり年間を通して良い成績を残せるようになってもらいたいものです。

ブログランキングに参加しています。よろしければ下のボタンをクリックしてください。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女子プロ・プロツアーへ 


2010年ツアー、賞金ランキング推移41~60位 [ツアー記録]

最近体調を崩したり、仕事が忙しかったりで、更新が滞りがちですみません。2010年日本女子ツアーの3回目、賞金ランキング推移41~60位をお届けします。

まず41位~50位、ぎりぎりでシード権を得た選手達です。

天沼さんは2006年来のシード権回復、前半の貯金が効きました。由維ちゃんは今年もパッとしませんでしたが、何とかシード権は守りました。甲田良美さん、ツアー本格参戦で初優勝、結局この時だけだったですが、シード権を取りました。一ノ瀬さん、ゴルフ王国熊本出身の22歳ですが、終わり12試合で4回TOP10に入り、3年連続のシード権を守りました。米山みどりさん、今年は苦しんで特に後半予選落ちが続き、ツアー本格参戦の1999年以来最低順位です。綾田紘子さん、23歳の女子大生ゴルファーですがツアー初参戦で嬉しいシード権獲得です。優子りん、やはり出場自粛が響いたのか、復帰してからも調子が戻らずかろうじて50位です。

2010獲得賞金推移41-50位.JPG 

次に51~60位です。51位で、ぎりぎりシード権獲得したのが浅間生江さん、2004年からツアーに出ていますが、ずっと100位台で2008年にようやく93位、昨年55位ともう一歩のところまできて、ようやく嬉しい初シードです。6月からずっと50~52位に位置していて、ハラハラドキドキだったことでしょう。残念だったのは吉田弓美子さんで、6月から8月まで47~49位だったのですが、8月に50位台に落ちて、最終戦のエリエールで10位タイに入ったものの、まずか30万円届きませんでした。斉藤裕子さん、志保さんはシード落ちになってしまいました。吉田弓美子さん、ファイナルQT41位タイでこちらももう一歩で全試合の出場権に届かなかったようです。わずか30万円の差が天国と地獄です。裕子さんはQTはダメでした。 

2010獲得賞金推移51-60位.JPG

ブログランキングに参加しています。よろしければ下のボタンをクリックしてください。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女子プロ・プロツアーへ 


2010年ツアー、賞金ランキング推移21~40位 [ツアー記録]

次回に引き続き、 2010年日本女子ゴルフツアーの、賞金ランキング推移です。第2回目として21~40位をお送りします。

まず21位~30位です。以下のグラフをご覧ください。

2010獲得賞金推移21-30位.JPG

21位の竹末裕美さん、新婚さんとして話題になりました。2003年に優勝して賞金ランク14位になってからはここ2年シード権は確保したものの長く低迷期が続きましたが、今年は復活の年だったと思います。 リゾートトラストで2位になったほか、特に最後の3試合は4位タイ、7位タイ、6位タイとTOP10フィニッシュで、ランクを上げました。

22位のイムウナさん、30位前後で低迷していましたが、宮城テレビ杯の優勝で順位を上げました。イナリさんは後半上位にはいってきて23位になりました。辛炫周さんは日医工での優勝があったもののそれ以外はぱっとせずこの順位になりました。

美保さんはヤマハで2年ぶりの優勝がありましたが、それ以外は不調で後半は怪我で欠場、7月まで賞金ランクTOP10にいたのですが最終的にこの順位です。ルーキーの麻子ちゃんはよく頑張ったか。理香子ちゃんは大塚家具で優勝しましたがそれ以外は初日トップに立つこと3回ですが終盤崩れてしまいました。もうちょっと上にいておかしくない選手だと思います。

次は、31位~40位です。

2010獲得賞金推移31-40位.JPG

加織ちゃん、序盤良かったのですが後半はぱっとせず、最終的に昨年並みの順位となりました。ユンジュさんは優勝以外不調で順位も急降下でした。笠りつ子ちゃんやってくれました!初シードです!あまり上位に来ませんでしたが買いでこつこつ賞金を積み上げました。美保さんとのトレーニングの成果だと思います。 桃ちゃんが39位。今年はほんとに試練の年でした。半分の17試合に出場、4回の4位タイが最高でした。来年は立て直してくれるでしょう。

ブログランキングに参加しています。よろしければ下のボタンをクリックしてください。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女子プロ・プロツアーへ 


2010年ツアー、賞金ランキング推移1~20位 [ツアー記録]

今日から数回に分けて、2010年ツアーにおける、賞金ランキングの推移をみていきたいと思います。約1ヶ月おきの順位の変動をみていきます。初回の今回は第1位から第20位までです。

まず1~10位です。下のグラフをご覧ください。

2010獲得賞金推移1-10位.JPG

賞金女王となったアンさんは7月にトップに立つと、その後一度もトップを譲らず、秋口にも優勝を重ね、他を寄せ付けない強さで逃げ切りました。2位のさくらちゃんは、5月6月にトップに立っていましたが、海外遠征もあり順位を落としてからは2位に入るのが精一杯でした。3位のミジョンさんは序盤調子が上がりませんでしたが、6月より本領を発揮、優勝3回で安定した順位でした。4位のゆかりちゃんは優勝こそありませんでしたが、8月から2位3位の常連になるなど安定した戦いぶりでした。朴インビさんは序盤で優勝や2位を連発して上位をキープ、その後アメリカツアーに復帰して順位を落とすものの終盤また日本ツアーに参戦して4位に食い込みました。

智恵ちゃんは春先に優勝して今年も行けるかと思いましたが、上位には入るもののその後優勝できずに6位にとどまりました。不動さんはさすがです。1回の優勝ほかは目立った活躍が無かったような気がしたのですが、しっかりと7位に入っています。三貴ちゃんはすごいです。前半はほんと不調で、8月の時点ではなんと32位、そこから日本女子オープン2位、伊藤園で念願の優勝をあげ、自己最高順位の8位に入ってきました。 茜ちゃん、幸希さんも1回の優勝が効き、あとは上位に入ることが多かったことで9位、10位に入りました。

次は11位~20位です。

2010獲得賞金推移11-20位.JPG 

このあたりは優勝者が並んでいます。金ナリさん、瑠衣さん、チヒさん、真夕さんがそれにあたります。数試合しか出ずに2勝を挙げたジエさんもここにいます。ベテラン中田美枝さんが19位と大健闘です。彩子ちゃんはもうちょっといけたか。昨年6勝のしのぶちゃんが1勝もできずにこの位置です。

次回は21~40位をお届けします。 

ブログランキングに参加しています。よろしければ下のボタンをクリックしてください。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女子プロ・プロツアーへ 


2010年女子ツアー、獲得賞金金額の格差縮まる(ジニ係数0.855→0.844)  [ツアー記録]

さてさてお待たせしました。2010年女子ツアーを振り返っていきたいと思います。その第1回は獲得賞金金額の格差がどうなったかということです。「ジニ係数」というものを算出します。昨年の次の記事に書きました。http://nakaguchi.blog.so-net.ne.jp/2009-12-04

ジニ係数とは、所得分配の不平等さをはかる指標でして、0に近いほど格差が少ない状態で、1に近いほど格差が大きい状態です。日本では厚生労働省が2~3年おきに調査していますが、2005年の値は0.32ぐらいで年々上昇しており、格差が広がる傾向にあります。

そこで過去10年間の日本女子ゴルフツアーの各選手の獲得賞金をもとにジニ係数を算出してみましたところ、グラフのようになりました。いずれの年も0.8以上と、日本の平均に比べはるかに高いです。ゴルフ界は格差社会と言えます。

そして下のグラフをご覧ください。2010年のジニ係数は0.844と、2009年の0.855からかなり下がりました。昨年はこの10年間で最も高くなりましたが、今年は例年並みに戻ったことになります。

2010日本ツアー_ジニ係数.jpg 

去年は、さくらちゃん、しのぶちゃん、智恵ちゃん、ミジョンさんと、4人もの1億円プレーヤーが誕生しましたが、その分、下位選手の取り分が少なくなり、格差が広がりました。今年は1億円プレーヤーはアン・ソンジュさん・さくらちゃんの2人だけでしたので、その分他の選手が頑張ったと言うことになります。

2009年はさくらちゃん、しのぶちゃん、智恵ちゃん、ミジョンさんの4人だけで34試合中計22勝をあげましたが、今年はアンさん、さくらちゃん、ミジョンさん、ゆかりちゃん、朴仁妃さんの5人で10勝しかあげていません。

下のグラフは、過去6年間のTOP10の選手の全獲得金額に占める賞金金額の累積比率を表したものです。横軸に1位、2位~10位までの選手、縦軸に賞金金額累積比率をとっています。

2010日本ツアー_TOP10賞金比率.jpg 

これをみると、2009年(グラフの一番上)は、TOP10の選手だけで、賞金総額の約40%を占めていましたが、2010年は34%と、2008年に次いで低くなっています。一部の選手だけで賞金を独占してしまう傾向が弱まったということです。 

以下は、TOP10の選手とその獲得賞金を表しています。昨年から引き続きTOP10にいるのはさくらちゃん、ミジョンさん、ゆかりちゃん、智恵ちゃんの4人だけでした。3年連続TOP10に入っているのはさくらちゃんとミジョンさんだけでした。

2010日本ツアー_TOP10選手.jpg

2008年にTOP10だった江里菜ちゃんは、今年はシード権を失って今行われているファイナルQTで苦しんでいます。2006年賞金女王の志保さんもQTで今8位タイです。米ツアーから参戦の韓国の桃ちゃん、朴喜暎(パクヒヨン)ちゃんは3位タイと頑張っています。

ほんとにゴルフ界は厳しい世界ですね。